世界でいちばんスカルプシャンプーが嫌いな日本人

タオルドライのコツ

2016年1月21日(木曜日) テーマ:

母からのすすめで行ってみた
東京都のヘアサロン
で髪にまつわる情報を教えてもらったのですが

タオルドライをすると思いますが

拭き方で、髪の毛は変わらないっと思うでしょうが

特に「ミディアム以上の方」は必須みたいです。

タオルドライにコツなんてあるのかと疑いましたが

「地肌」も髪も同じように、擦っていたりすると

地肌は大丈夫ですが、髪は擦るほど、

「キューティクル」は悲鳴を上げます。

つまりは、いかに、傷ませないでタオルドライをするか

ということみたいです。

やり方としては

まず、 「 くし 」 でオールバックに梳かす。

毛先をタオルで包み込み、握るように水気を取る。

地肌を擦り、水気を取るがこの時、激しくしない。

なるべく、指の腹で「タッピング」する。

再度「くし」で梳かし、水分を「毛先」に集め、握り取る。

これでより速く、確実なタオルドライの完成です。

ポイントは「くし」を使うことがいいのですが

より水分が、毛先に下りて、拭き取りやすくなるから

吹き終わったタオルが濡れれば濡れているほど

良いということです。

その後のドライヤーが断然、ラクになりますので

試してみる価値がありますよ。